老後も働きやすい世界

プログラマーの需要は、今後ますます高くなっていきます。ですから、定年退職後にもフリーランスのプログラマーとしてお金を稼いで行くこともできるでしょう。一般の会社員では、定年後に仕事をするのは難しくなります。それはなぜかというと、スキル主体の仕事が少ないからです。

たとえば営業職として管理職のポストまで上り詰めた人であっても、定年後にはスキル無しとみなされるのが普通です。経理にしても、長年の経験を定年後に活かすことは難しくなります。しかし、プログラマーはそうではありません。需要が大きくなり続ける上に、定年後にもスキルを主体にして仕事を請け負っていくことができます。きちんと仕事をこなしてくれるのであれば、仕事を発注する側にしても年齢はさほど気にはなりません。それよりも人手不足の方が深刻なので、70歳を超えても第一線で活躍することができるわけです。

アニメーターやライターも、スキル主体の仕事になるので同じ特徴を持っています。スキル主体の仕事は、定年までしっかり働いた後でもお金稼ぎができるので、老後の心配が格段に減ります。いざ老後の資金がなくなれば、自分で稼いで行けばいいだけなので、不安は減ります。ただ、体力的にきついので、現役時代ほどハードに仕事はできないと考えておくのが妥当です。お小遣い稼ぎ程度ならできると考えておいて、きちんと老後の資金を貯えておくことも重要です。若いなら、定年後を見据えて株式投資をするのもいいでしょう。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>