プログラマーの需要状況について

プログラマー不足が続いていますが、これからも需要は続くと見られています。
その理由は、IT技術はあらゆる場面で必須となるからです。家電はもちろんのこと、自動車も今ではプログラム無しでは動かないものです。しかもこれから、自動運転が一般化されるとなれば優秀なプログラマーが必要になってきます。求められるのは向上心のある人材です。IT業界は技術の進歩が早いので、その技能の習得を求められるのが理由です。

一般的には20代から30代の若い即戦力が多くの需要を集めています。基本は経験者が必要とされますが、若い年齢であれば未経験者でも求人はあります。年齢が高くなると未経験では、なかなか募集は無いものです。けれども高い技術力を持っているならば、まだ求人はあります。特に高いスキルと経験を持っている場合には、貴重な戦力として期待されます。いずれにしても、常に高い向上心と探究心を持った人材を必要とされます。いずれはマネジメントにも携わることかできるような人材を求めているからです。

プログラマーは大抵がコミュニケーションを苦手として、自分の作業に没頭することで満足感を得るものです。けれども多くのプロジェクトが進む中で、そのマネジメントを行う人材も必要とされています。時代の流れに乗って新たな技術を習得しつつも、リーダーとしてのスキルも磨けるような人材は貴重な存在となります。その意味では、需要の多さに安心せず、自己啓発を心がけることが大事です。
例えば、IT業界の動きを察知し、ニーズに合った言語を習得するなど、時代に見合うプログラマーへ成長し続けることが求められます。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>